Q & A

HOME | Q&A

よくあるご質問
________________

Q 化学療法がスタートしたら脱毛しますので、ドクターから「ウィッグを準備してください」といわれました

A 化学療法が始まってもすぐに脱毛するわけではありません。治療開始後の体調の良い時にご来店されて、当日に試着・作成なさっても間に合います。ただ治療中の体調変化には個人差がありますので、なるべく化学療法が始まる前のご来店をお勧めします。
お気軽にお電話にてご相談くださいませ。

Q ウィッグを取り扱っているお店で試着すると似合わないのでショックを受けました。私に似合うウィッグは作れないのかと心配です。

A 当サロンで取り扱うウィッグは一般的なスタイルが決まった物ではなく、一人一人に合わせて長さや量を調整してスタイルを作ります。「頑張って作ったのに誰も気づいてくれなかった。嬉しいような悲しい気持ち」だとおっしゃる方もいらっしゃいます。ウィッグを扱う美容師として、多くの経験を積んだスタッフが担当しますので、ご安心くださいませ。また、ウィッグのシャンプーの方法やお手入れの方法などを説明させて頂きますので、快適なウィッグライフが送れるようにサポートをさせて頂いております。

Q ウィッグはいろいろな種類がありますが、医療用ウィッグはどこか違うのですか? 

A 通常のウィッグは髪の毛の上から装着するのでサイズが大きく作られています。その為に頭が大きく見えウィッグだとわかりやすいのです。当店のウィッグは頭にフィットするので自然に見え、優しい付け心地です。また、頭頂部に人口頭皮がついているので、通常のウィッグのようにベースネットが見えることがないので安心です。

Q 脱毛が始まって、いつごろからウィッグを使用すればよいのでしょうか?

A 脱毛には個人差があり、タイミングが重要なので、事前にアドバイス等もさせて頂きます。また、ウィッグ使用開始と同時にウィッグの微調整を行いますので、ご安心くださいませ。たくさんのお客様を担当してきておりますので、髪の毛のことはすべてお任せください。

Q ウィッグの作成中に人の目が気になるのですが・・・

A 住吉店は美容室の中をパーテーションで個室を作っており、ネイルやフェイシャル等も出来るようにしておりますので、安心して作成ができます。【完全予約制】
また、心斎橋、中百舌鳥のアトリエ店は医療用かつらに特化した、サロンとはまた別の感覚の完全個室の専門店です。お気軽にご利用いただけます。【完全予約制】

Q 治療も終わり髪の毛が伸びてきたら、ウィッグをいつごろ脱げばよいのでしょうか?

A お任せください。そこからは美容師の仕事になりますので、不必要な自毛のカットと同時にスタイル作りが始まります。ヘアカラーやクセ毛の処理(縮毛矯正)など、自毛デビューまでトータルでサポートさせて頂いております。

Copyright 2017 Ha-DU. All Rights Reserved.

 
Copyright 2013 Ha-DU. All Rights Reserved.
 

ページ一覧

完全個室・完全予約制


セミオーダー・フルオーダー承ります。 
完全予約制となっており、個室で対応いたしますのでプライバシーも安心です。 
他社メーカーのウィッグのカットも承っております。
住吉 
LinkIcon 0120-988-755
心斎橋 
LinkIcon 0800-200-4556
中百舌鳥 
LinkIcon 0800-200-4557

 

※抗がん剤治療を実施される場合、治療開始前に相談いただけると、 
安心してご準備いただけます。
 
  LinkIconお問い合わせフォームはこちら

  Ha-DU(ハドゥ)はヘア・クオーレLinkIconの会員です